かいごDB 入居相談室(相談無料)

0800-300-2813

24時間ご利用無料

東証一部上場企業の株式会社エス・エム・エスが運営しています

入居する施設を選ぶなら 全国30万件以上掲載のかいごDB

グループホーム かがやき [グループホーム]

入居相談 0800-300-2817 (通話料無料)
その他問合わせ 03-6303-8500(TEL) / 03-6303-8501(FAX)
施設種別 グループホーム
住所

143-0024 東京都大田区中央1丁目7番地3号

交通手段 JR大森駅より東急バスにて「大田文化の森」下車3分。
運営法人 株式会社 日光ハウジング

情報更新日:2014-03-18 / 本サイトは介護サービス情報公表システム等各公共公表情報に基き作成されています 本サイトは介護サービス情報公表システム等各公共公表情報等に基き作成されています

このページを印刷する お気に入り追加

編集部おすすめポイント

・ご利用者の個性を尊重した介護ケアを提供している

・自分で調理したものを楽しむなど、レクリエーションが充実している

・避難訓練や虐待防止研修など、リスクマネジメントにも注力している


概要・運営方針

大田区中央一丁目にある介護付き有料老人ホームです。かつて川端康成・北原白秋といった有名な作家が住み、馬込文士村と呼ばれていた閑静な場所です。

グループホームかがやきで大切にしているのは、ご利用者が自分らしく生活を送れることです。一人ひとりの自然な姿を受け入れ、気持ちに寄り添った介護を提供するよう心がけています。

レクリエーションは身体を動かすものや、ご利用者が実際に調理を行うといったアクティビティも開催しています。素材の買い出しから下準備、調理まですべて行います。自分で作った食事を味わうのは、作ってもらった食事を食べるのとは違う楽しみがあり、ご利用者からも好評です。

リスクマネジメントに力を入れているのもこちらの施設の特徴。定期的に避難訓練を実施し、火事を想定した状況で消火器の使い方などを学びます。虐待防止の研修では、虐待発見時の対処方法や発生防止のための取り組み方法などについて学んでいます。


レクリエーション

グループホームかがやきでは、毎月ボランティアの方がホームを訪れて開催するレクリエーションがあります。歌のレクリエーションでは、ご利用者に人気の歌をピックアップして楽器を演奏。ご利用者は演奏に合わせて気持ちよく歌います。中には歌詞を見ないで歌う方もいるとか。

食に関するレクリエーションが開催されることも。2018年5月に実施したのはサンドイッチ、シチュー、サラダを作るレクリエーションです。まずは近所のスーパーで食材の買い出しから始まります。ご利用者が食材を選び、荷物を持ち帰るのも楽しそうな様子でした。料理ごとに担当者が分かれ、シチューの具の下ごしらえをする方、サンドイッチの準備をする方など全員真剣に料理に取り組みました。

2018年9月には、敬老会として中華メニューを手作りするイベントが行われました。メニューは餃子、ラーメン、バンバンジーで、餃子は一つひとつ綺麗に皮をつつんでいきます。ホットプレートで焼き上げて完成です。手先に自信のない方はバンバンジーの盛り付けを担当。自分たちで作った料理は、提供される料理とは別の美味しさがあります。


行事・イベント

グループホームには毎月様々な人が訪れてご利用者を楽しませています。モノマネ・手品・腹話術などいろいろな芸を披露し、ご利用者が思わず大笑いしてしまうイベントもありました。笑いは免疫機能を高める効果があるため、ご利用者の健康維持にもつながります。

季節に関するイベントも定期的に実施。2018年8月には、「かがやき納涼花火大会」を開催しました。天候がよく風もそれほど吹いていない、絶好の花火日和。ご利用者の8割が参加して盛り上がり、ご家族がいらっしゃった方も。噴出花火からスタートして、ご利用者が手で持つ手持ち花火など、全体で1時間ほど花火を楽しみました。火を使うため安全面に徹底的に配慮し、誰一人として火傷や怪我をすることなく無事に終わらせることができました。


入居条件・受け入れ体制

以下に当てはまる方が入居対象者です。

・要支援2以上であると判定され、かつ認知症の診断を受けている方

・少人数による共同生活を営むことができる方

・自傷他傷、特別な感染症のない方

・常に医療機関を必要としない方


認知症

グループホームであるため、認知症であることが入居条件です。スタッフは認知症に関する知識・経験があり、より適切なケアを受けることができます。


費用・料金

月額利用料金の他、入居の際には敷金2カ月分の支払いが必要です。退去の際、部屋の原状回復費用に充てられ、必要な分を差し引いた額が返金されます。なお、おむつ代・マッサージ代・理美容費などは別途負担となります。


食事

食事は季節の食材を使用し、カロリー計算して献立を作成。ご利用者に合わせた調理方法で提供します。

また年に数回、イベントを交えた特別な食事を提供することもあります。2017年5月には、プロの職人を招いて寿司イベントを開催しました。グループホームかがやきが始まって以来の大イベントであり、当日は寿司職人の方々がご利用者の目の前でお寿司を握って提供しました。普段は食事量が少ない方も、この日は完食することができました。


入居後の生活

グループホームかがやきでは、個々人がホーム内での役割を担って生活を送ります。食器洗い・食器拭き・おぼん拭きなど様々な役割があります。90代のご利用者も洗濯物の折りたたみなど、できることを担当しています。

日中にイベントなどがない日は、天気が良ければ散歩などの外出をします。雨の日は室内で折り紙やしりとりなどのレクリエーションで楽しみます。また天気に関わらず、ラジオ体操など身体を動かす機会を設けています。

買い物や散歩などに出かける際、付き添いサービスを利用することができます。グループホームかがやき大田中央では、ご利用者とのコミュニケーションを充実させるため、買い物での付き添いサービスに注力。スーパーやコンビニなどの買い物を通して、ご利用者の普段の生活ぶりや人となりを把握し、ホームでのケアに役立てます。普段あまり話さないご利用者の口数が増えたり、いつもは見せない表情を見せたりすることも。ご利用者がホームにいるときとはまた違う側面を発見できます。


設備・部屋

全室個室で広さは9.29〜11.83平方メートルです。プライベートが確保された空間で、ナースコール・冷暖房などが備え付けられています。

ホーム内はバリアフリーで冷暖房完備、さらにイオン空気清浄機もあり、快適に暮らせるように配慮。共有スペースにはみんなで使用できるソファーがあり、コミュニケーションが生まれる場としての役割を担っています


職員体制

グループホームかがやきでは職員に対して「アンガーマネジメント」の研修を定期的に実施。アンガーマネジメントとは、怒りの感情をコントロールすることですが、怒らないことという意味ではないのがポイントです。いかに正しく怒るか、後悔しないように怒るかが主要なテーマです。


リスクマネジメント

グループホームかがやきでは虐待防止などのリスクマネジメントにも取り組んでいます。2017年11月には、虐待防止のための研修を実施。かがやきを含む系列全体のスタッフの中から80名が参加し、2日間の研修を受講しました。

近年ニュースで取り上げられることもある虐待ですが、スタッフのコミュニケーション不足によって、イライラ・ストレスが蓄積することが原因であることも。

研修ではグループワークなどで事例をメンバー間で共有し、ご利用者またはスタッフに起こりうるリスクについて考えます。虐待に該当する具体的な行為の再確認、虐待発見時の対応方法や、虐待防止のための取り組みなどについて学びました。

また年に1回避難訓練を実施し、万が一の事態に備えています。2017年9月に実施した訓練では、消火器の取り扱い方について確認。訓練のため中身は普通の水になっていますが、本番と同様に操作しないと噴射できないようになっています。また、通報の時の固定電話と携帯電話での扱いの違いについても学びました。

大田区のおすすめグループホーム

大田区のグループホーム

※上記内容に変更がある場合もございます。正確な情報は直接事業者様にご確認ください。

大田区のおすすめグループホーム

大田区のグループホーム

介護DB無料入居相談室はこちら

知識と経験の豊富な相談員が、ご希望に合う入居可能な施設を無料でご紹介します。


24時間ご利用無料
お気軽にお問合せください。

施設選びのご相談・お問い合わせはこちら

知識と経験の豊富な相談員が
ご希望に合う入居可能な施設を無料でご紹介致します

お電話でのご相談・お問い合わせ

0800-300-2813

24時間ご利用無料

メールでのご相談・お問い合わせ
メールで無料相談

介護について学びながら探す

介護について相談する

▲ このページの先頭へ