無料入居相談 0800-300-2813 24時間ご利用無料

介護DB 入居相談室(相談無料)

0800-300-2813

24時間ご利用無料

東証一部上場企業の株式会社エス・エム・エスが運営しています

入居する施設を選ぶなら 全国30万件以上掲載の介護DB

医療法人社団 純正会 介護老人保健施設 エスポワール和泉 [介護老人保健施設(老健)]

施設種別 介護老人保健施設(老健)
住所

245-0016 神奈川県横浜市泉区和泉町2604-1

交通手段 電車 相鉄線いずみ野線 ゆめが丘駅徒歩10分、いずみ中央駅徒歩12分 横浜市営地下鉄 下飯田駅徒歩15分
運営法人 医療法人社団 純正会

情報更新日:2015-10-20 / 本サイトは介護サービス情報公表システム等各公共公表情報に基き作成されています 本サイトは介護サービス情報公表システム等各公共公表情報等に基き作成されています

このページを印刷する お気に入り追加

横浜市泉区のおすすめ有料老人ホーム・高齢者住宅

横浜市泉区の有料老人ホーム・高齢者住宅

  • サービス
  • 料金
  • 施設
  • 従業者
  • 利用実績
  • 法人
  • 事業所比較
求人・採用情報

■医療法人社団 純正会 介護老人保健施設 エスポワール和泉のサービス概要

営業開始日
2009/07/01
指定・許可日
2009/07/01
指定・許可更新日
2015/07/01
事業所の運営に関する方針 理念 医療法人社団 純正会 介護老人保健施設 エスポワール和泉は利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上をめざして総合的に支援します。
また、家族や地域の人々・機関と協力し、安心して自立した在宅生活が続けられるよう支援します。
施設長 利用者の意思を尊重し、望ましい在宅又は施設生活が過ごせるようにチームで支援します。
そのため、利用者に応じた目標と支援計画を立て、必要な医療、看護や介護、リハビリテーションを提供する。
また、脳卒中、廃用症候群、認知症などによる個々の状況に応じて他職種からなるチームケアを行い、早期の在宅復帰につとめます。
理学療法課 支援計画を基に、利用者の体力や基本動作の獲得、生活機能向上、早期の在宅復帰を目標に集中的なリハビリテーションおよび経過観察をおこないます。
利用者個人の状況や変化が日々把握できるよう関係職種と連携しケアマネージメントを推進します。
看護、介護課 支援計画を基に利用者が自立した在宅生活が維持できるよう介護予防につとめ個々の状況に応じたチームケアを行い、早期の在宅復帰につとめます。
利用者個人の状況や変化が日々把握できるよう関係職種と連携しケアマネージメントを推進します。
介護支援専門員 利用者に応じ必要な医療、看護や介護、リハビリテーションを提供できるように利用者家族と連携をとり目標と支援計画をたてます。
利用者個人の状況や変化が日々把握できるよう関係職種と連携しケアマネージメントを推進します。
栄養課 当たり前に食事ができる大切さを理解し利用者が楽しく食事ができるように利用者家族と連携をとり栄養ケアプランを作成します。
利用者個人の状況や変化が日々把握できるよう関係職種と連携し栄養ケアマネージメントを推進します。
サービスの特色等 利用者に応じ必要な医療、看護や介護、リハビリテーションを提供できるように利用者家族と連携をとり目標と支援計画をたてます。
利用者個人の状況や変化が日々把握できるよう関係職種と連携しケアマネージメントを推進します。
損害賠償保険の加入状況
ガイド
あり
生活保護者の利用 あり
介護相談員の受け入れ状況
ガイド
あり

■医療法人社団 純正会 介護老人保健施設 エスポワール和泉の地図

地図

※正確な位置情報は事業所にお問合せくださいガイド

※正確な位置情報は事業所にお問合せくださいガイド

■基本料金(概算)

※表示料金は利用者が負担する料金(介護保険の1割)です。1単位=10円で算出した概算料金です。正確な料金は各事業所にお問い合わせください。

※医療・介護一括法(地域医療介護総合確保推進法)の成立により、収入が一定額以上の人は2割となります。介護に関する用語ガイド

※参照:地域・サービス別単位表

要介護の方の施設利用費(目安)

日額多床室従来型個室ユニット型(準)個室
要介護1 792円 716円 795円
要介護2 841円 763円 842円
要介護3 904円 826円 907円
要介護4 957円 879円 960円
要介護5 1,011円 932円 1,014円

※表示料金は介護3:1の人員配置基準を満たしているケースです。

居住費・食費(目安)

日額多床室従来型個室ユニット型準個室ユニット型個室食費
基準費用額320円1,150円1,640円1,970円1,380円

※基準費用額とは、国が示した標準的な食費・居住費をさします。正確な費用は施設にお問い合わせ下さい。
※居住費・食費については所得に応じて、利用者負担額減額の制度があります。詳しくは施設にご相談下さい。

その他料金

当サービス内で、日常生活に必要な料金、及びその算定方法日用品費 希望 品物 定価 "1日当たり 備考 シャンプー \1,180 \20.0 1本/2カ月 買い取り可 リンス \1,180 \20.0 1本/2カ月 買い取り可 ボディソープ \1,180 \20.0 1本/2カ月 買い取り可 薬用ハンドソープ \840 \14.0 1本/2カ月 買い取り可 歯磨き粉 \1,470 \25.0 1本/月 買い取り可 歯ブラシ \200 \7.0 1本/月 買い取り可 入れ歯洗浄剤 \997 \17.0 1本/2カ月 テッシュペーパー(個室用) \80 \10.0 1箱/1週間 ペーパータオル(個室用) \132 \10.0 2箱/月 フェイスタオル(個室用) \50 \100.0 2本/日 クリーニング費含む バスタオル \70 \23.0 10本/月 クリーニング費含む おしぼり(個室用) \30 \120.0 4本/日 クリーニング費含む 合計 \386.0 施設日用品費=\250/1日
お食事の料金、及びその算定方法食費の算出根拠 算出方法 食費=(1)調理コスト+(2)食材費 (1)調理コスト=(人件費+光熱水費+調理備品代+廃棄物処理代)÷提供食事数 (2)食材費=総材料費÷提供食事数 食費の算出根拠詳細 (1) 調理コスト(年間) (1)人件費 \25,200,000 (15人×140000円/月×12か月) (2)光熱水費 水道 \1,800,000 (厨房分 30%) \6,000,000 (施設全体) 電気 \3,600,000 (厨房分 30%) \12,000,000 (施設全体) ガス \1,800,000 (厨房分 30%) \6,000,000 (施設全体) 合計 \7,200,000 (3)調理備品費 \400,000 (年間予測) (4)廃棄物処理代 (予測) (厨房分 30%) \12,000,000 (施設全体) \3,600,000.0 総コスト(年間) (1)+(2)+(3)+(4)= \36,400,000.0 (5) (2) 食材費(年間) \33,600,000.0 (6) 提供食数 (年間) 朝食(入所) 36,500 昼食(入所+通所) 41,000 夕食(入所) 36,500 合計 114,000 (7) (1)調理コスト 1食 (5)÷(7) \319.3 (2)食材料費 1食 (6)÷(7) \294.7 1食分食費コスト (1)+(2) \614.0 1日分コスト \614×3食= \1,842 (10円単位切り捨て) 食費(1日) \1,840 入所者食費内訳(1日当たりの食費を以下のように振り分ける) 朝食 昼食(おやつ含む) 夕食 \480 \680 \680
居住に要する料金、及びその算定方法居住費の算定根拠 算出方法 居住費=(1)光熱水費+(2)建設費用+(3)維持・修繕費 (1)光熱水費+(2)建設費用+(3)維持・修繕費用=居住費(1日) \460 \1,525 \361 \2,346 *算出結果では2,346円となるが入居者の負担を考慮し 他施設と同額の 1,970円とした

加算情報

サービス提供体制強化加算(II): 有無なし
サービス提供体制強化加算(III): 有無なし
介護職員処遇改善加算(I): 有無なし
介護職員処遇改善加算(II): 有無なし
介護職員処遇改善加算(III): 有無なし
在宅復帰・在宅療養支援機能加算: 有無なし
在宅復帰支援機能加算: 有無あり
地域連携診療計画情報提供加算: 有無なし
夜勤職員配置加算: 有無あり
所定疾患施設療養費の加算: 有無あり
栄養マネジメントの実施加算: 有無あり
療養体制維持加算: 有無なし
療養食の実施加算: 有無あり
看取り介護加算: 有無あり
短期集中リハビリテーションの実施: 有無あり
経管栄養の入所者に対する経口移行の実施加算: 有無なし
緊急時施設療養費の加算: 有無あり
老人訪問看護指示の実施加算: 有無なし
若年性認知症利用者の受入加算: 有無あり
認知症ケアの実施加算: 有無なし
認知症専門ケア加算(I): 有無なし
認知症専門ケア加算(II): 有無なし
認知症情報提供加算: 有無なし
認知症短期集中リハビリテーションの実施加算: 有無あり
認知症行動・心理症状緊急対応加算: 有無なし
退所前訪問指導の実施の加算: 有無あり
退所前連携の実施加算: 有無あり
退所後訪問指導の実施の加算: 有無あり
退所時情報提供の実施加算: 有無あり
退所時指導の実施加算: 有無あり

■法人情報

名称 いりょうほうじんしゃだん じゅんせいかい
医療法人社団 純正会
法人住所 178-0063 東京都練馬区東大泉7丁目36番地10号
設立年月日 2004/02/16
法人種類 医療法人

経営法人が、都道府県内で実施する他の介護サービス

サービス名事業所名住所
通所リハビリテーション 医療法人社団 純正会 介護老人保健施設 エスポワール和泉横浜市泉区和泉町2604-1 1件
短期入所療養介護 医療法人社団 純正会 介護老人保健施設 エスポワール和泉横浜市泉区和泉町2604-1 1件
介護予防短期入所療養介護 医療法人社団 純正会 エスポワール和泉横浜市泉区和泉町2604-1 1件
特定施設入居者生活介護 医療法人社団 純正会 有料老人ホーム エクセルシオール横浜阪東橋横浜市南区真金町2-13 1件
居宅介護支援 医療法人社団 純正会 介護老人保健施設 エスポワール和泉 居宅介護事業所横浜市泉区和泉町2604-1
介護老人保健施設 医療法人社団 純正会 エスポワール和泉横浜市泉区和泉町2604-1 1件
介護予防通所リハビリテーション 医療法人社団 純正会 エスポワール和泉横浜市泉区和泉町2604-1 1件

苦情窓口

電話番号045-805-6711
対応時間 平日:9時00分~17時00分
土曜日:9時00分~17時00分
日曜日:9時00分~17時00分
祝日:9時00分~17時00分
定休日:特に定めていません
留意事項:相談・苦情に対する常設の窓口設置 事務部、相談室双方が窓口となり対応を行うが、担当者不在の際も苦情を受けることが可能な様、苦情受付 票を設置しその書式に則りより具体的に担当以外のものであっても聞き取りが出来るようにし、責任者への 文書による報告を義務付ける。
電話番号:045-805-6711(代) FAX番号:045-805-6712 担当者 事務長 新海 裕子 介護支援専門員 酒井 浩・深澤 温子

■施設

待機者数:
(入所申込者の数が入所定員から入所者の数を差し引いた数を超える場合、その人数)
部屋 面積
個室 100 13.5m²
個室用トイレ 100か所(内車椅子可:100か所)
個室用トイレ設置割合 100%
部屋面積
2人部屋
3人部屋
4人部屋
建築基準法第2条第9号の2に規定する耐火建築物
ガイド
あり
建築基準法第2条第9号の3に規定する準耐火建築物
ガイド
なし
通所リハビリテーションの実施あり
社会福祉士及び介護福祉士法第48条の3に規定する登録喀痰吸引等事業者
サテライト: 小規模介護老人保健施設(利用定員29以下): 有無なし
医療機関併設型小規模介護老人保健施設(利用定員29人以下): 有無
木造平屋建てであって、火災に係る利用者の安全性の確保のための一定の要件を満たす建物なし

■設備

女子便所(車椅子可)2か所 (2か所)
男子便所(車椅子可)2か所 (2か所)
男女共用便所(車椅子可)11か所 (11か所)
浴室14か所
大浴槽1か所
個浴10か所
リフト浴1か所
特殊浴槽2か所
その他浴室設備
消火設備等 あり スプリンクラー、自動消火器、消火器、誘導灯など
利用者が調理を行う設備状況なし
食堂の設備状況床面積:有効127.38平方メートル 各吸気口に防虫、防鼠網設置 食器消毒器設置 厨房内に食品庫設置
報酬類型
ガイド
ユニット型個室あり
ユニット型準個室なし
多床室なし
従来型個室なし
協力機関名称内容
医療 医療法人社団 芳洋会 横浜いずみ台病院,湘南第一病院 「介護老人保健施設の人員、施設及び設備並びに運営に関する基準(平成11年厚生省令第40号)第16条及び第30条の規定に基づき次のとおり契約を締結する 第1条 甲は乙の協力病院として、乙の入所者及び通所者(以下「入所者等」という。)が診療を必要とした場合に、緊密な連携協力により円滑な診療を受け得る体制を確立しておくものとする。 第2条 甲は、入所者等が診療を必要とした場合に、乙の要請に基づき、対処するものとする。 第3条 乙は、入所者等の病状等からみて、必要な場合に限り往診・通院を甲に依頼する。 第4条 乙は、診療に対して、入所者等の健康手帳に入所者である旨の文書を添えて受診させるものとする。 第5条 乙の医師は、第3条による診療に対して、甲の保険医に当該入所者等の診療状況に関する情報提供を行うものとする。また、甲の保険医は、この情報により適切な診療を行うものとする。 第6条 甲の保険医は、乙の入所者等を診療した場合には、乙の医師に対し、施設の療養上必要な情報提供を行うものとする。また、乙の医師は、この情報により適切な診療を行うものとする。 第7条 休日及び夜間に緊急を要する場合は、乙は甲に入所者等の診療を依頼できるものとし、甲も可能な限りこれに協力するものとする。 第8条 乙が第3条による診療を甲に依頼する場合は、乙の入所者等の送迎に対して責任をもって行うものとする。 第9条 乙が第3条による診療を甲に依頼する場合は、乙の看護職員又は介護職員が付き添うものとする。 第10条 甲が乙の入所者等に行った診療等により生じた費用については、通常の保険請求と扱いを異にするものであるので、双方協議のうえ別途対応するものとする。(※医科の場合のみ) 第11条 この契約の有効期間は、平成21年7月1日から平成24年6月30日までの3ヶ年とする。但し、この契約は有効期限の3カ月前までに甲乙いずれからも何ら意思表示のない場合は自動的に3カ年延長するものとし、以後も同様とする。
歯科医療 医療法人社団 高輪会 新横浜デンタルクリニック 介護老人保健施設の人員、施設及び設備並びに運営に関する基準(平成11年厚生省令第40号)第16条及び第30条の規定に基づき次のとおり契約を締結する 第1条 甲は乙の協力病院として、乙の入所者及び通所者(以下「入所者等」という。)が診療を必要とした場合に、緊密な連携協力により円滑な診療を受け得る体制を確立しておくものとする。 第2条 甲は、入所者等が診療を必要とした場合に、乙の要請に基づき、対処するものとする。 第3条 乙は、入所者等の病状等からみて、必要な場合に限り往診・通院を甲に依頼する。 第4条 乙は、診療に対して、入所者等の健康手帳に入所者である旨の文書を添えて受診させるものとする。 第5条 乙の医師は、第3条による診療に対して、甲の保険医に当該入所者等の診療状況に関する情報提供を行うものとする。また、甲の保険医は、この情報により適切な診療を行うものとする。 第6条 甲の保険医は、乙の入所者等を診療した場合には、乙の医師に対し、施設の療養上必要な情報提供を行うものとする。また、乙の医師は、この情報により適切な診療を行うものとする。 第7条 休日及び夜間に緊急を要する場合は、乙は甲に入所者等の診療を依頼できるものとし、甲も可能な限りこれに協力するものとする。 第8条 乙が第3条による診療を甲に依頼する場合は、乙の入所者等の送迎に対して責任をもって行うものとする。 第9条 乙が第3条による診療を甲に依頼する場合は、乙の看護職員又は介護職員が付き添うものとする。 第10条 甲が乙の入所者等に行った診療等により生じた費用については、通常の保険請求と扱いを異にするものであるので、双方協議のうえ別途対応するものとする。(※医科の場合のみ) 第11条 この契約の有効期間は、平成21年7月1日から平成24年6月30日までの3ヶ年とする。但し、この契約は有効期限の3カ月前までに甲乙いずれからも何ら意思表示のない場合は自動的に3カ年延長するものとし、以後も同様とする。

■実績

従業員1人当たりの利用者数 0.6人

利用者の人数

記入年月日の前月の請求実績 合計 91
要介護1 9人
要介護2 15人
要介護3 18人
要介護4 26人
要介護5 23人
経過的要介護
記入年月日前年同月請求 合計95人
要介護19人
要介護215人
要介護316人
要介護432人
要介護523人
経過的要介護

■退去先

退去先 自立 要支援1 要支援2 要支援合計 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5 要介護合計
自宅等 3人 1人 1人 1人 1人 7人
医療機関 6人 7人 9人 22人
介護保険施設 1人 2人 3人 1人 7人
特別養護老人ホーム以外の社会福祉施設 1人 1人 1人 2人 5人
死亡者 2人 2人
その他 1人 2人 1人 4人

評価

利用者アンケート
ガイド
有無:あり 公開:なし
外部による評価の実施状況
ガイド
有無:なし 公開:
実施機関名
実施日付

調査

計画年度 公表日
様式 更新日付2015/10/20
調査日 記入年月日2015/10/20

■従業者

1週間のうち常勤の従業者が勤務すべき時間数37.5時間
健康診断の実施状況あり
夜勤平均人数6.8人 夜勤最少人数6人

従業者数

職種 常勤 非常勤 合計 常勤換算 人数
専従非専従 専従非専従
介護支援専門員3人3人2.0人
介護職員28人31人59人49.18人
支援相談員2人2人2.0人
医師1人1人1.0人
看護職員6人9人15人10.1人
作業療法士1人2人3人0.8人
理学療法士3人3人3人
薬剤師1人1人0.6人
管理栄養士1人1人1.0人
事務員2人3人5人5人
その他従業者5人5人4.53人

従業者資格保有数

職種 常勤 非常勤
専従非専従 専従非専従
介護支援専門員3人0人0人0人
介護福祉士14人0人4人0人
実務者研修6人0人0人0人
介護職員初任者研修0人0人1人0人

従業者勤務実績

職種 前年度状況 業務に従事した経験年数
採用 退職 1年未満 1年~
3年未満
3年~
5年未満
5年~
10年未満
10年以上
介護支援専門員(常勤)1人1人2人
介護職員(常勤)14人15人7人7人14人
介護職員(非常勤)30人31人8人16人7人
支援相談員(常勤)1人1人
支援相談員(非常勤)1人1人
医師(常勤)1人
看護職員(常勤)1人1人1人1人1人3人
看護職員(非常勤)4人4人4人3人2人
作業療法士(常勤)1人
作業療法士(非常勤)1人2人
理学療法士(常勤)2人1人2人
理学療法士(非常勤4人
言語聴覚士(非常勤1人
薬剤師(非常勤)1人1人
管理栄養士(常勤)1人

管理者

管理者の資格保有あり
管理者の資格医師
管理者の、他職務との兼務の有無なし

■介護老人保健施設(老健)内比較

比較項目数値全国都道府県中市町村中
住居: 広い順 14㎡ 2,287/3,801
全国平均値 15㎡
一覧へ
101/185
地域平均値 14㎡
一覧へ
42/82
地域平均値 14㎡
一覧へ
利用者: 要介護度平均が高い順 3.4
合計91人
1,245/4,205
全国平均値 3.3
一覧へ
33/193
地域平均値 3.2
一覧へ
17/83
地域平均値 3.2
一覧へ
実績: 従業者1人当り利用者数が少ない順 1人 11/4,204
全国平均値 2人
一覧へ
1/193
地域平均値 3人
一覧へ
1/83
地域平均値 2人
一覧へ
従業者: 定着率が高い順 62%
89/144人中
4,188/4,211
全国平均値 88%
一覧へ
192/193
地域平均値 85%
一覧へ
82/83
地域平均値 83%
一覧へ
従業者: 常勤: 定着率が高い順 71%
44/62人中
4,101/4,211
全国平均値 89%
一覧へ
185/193
地域平均値 87%
一覧へ
78/83
地域平均値 85%
一覧へ
従業者: 常勤: 概算平均従事経験年数が長い順 3年
合計44人
4,057/4,211
全国平均値 6年
一覧へ
188/193
地域平均値 5年
一覧へ
83/83
地域平均値 5年
一覧へ
従業者: 概算平均従事経験年数が長い順 2年
合計89人
4,081/4,211
全国平均値 6年
一覧へ
186/193
地域平均値 5年
一覧へ
81/83
地域平均値 5年
一覧へ
従業者: 非常勤: 定着率が高い順 55%
45/82人中
3,897/4,066
全国平均値 86%
一覧へ
185/192
地域平均値 82%
一覧へ
78/82
地域平均値 81%
一覧へ
従業者: 非常勤: 概算平均従事経験年数が長い順 2年
合計45人
3,705/4,066
全国平均値 5年
一覧へ
180/192
地域平均値 5年
一覧へ
77/82
地域平均値 5年
一覧へ
施設: 定員数が多い順 100人 1,729/4,210
全国平均値 88人
一覧へ
80/193
地域平均値 105人
一覧へ
50/83
地域平均値 116人
一覧へ

※事業所比較について

  • 本事業所比較は、公表されているデータを基に昇順または降順によって並び替えを行い算出しています。
  • 本事業所比較は公表時点でのデータを基に作成されており、現時点での最新の状態を示したものではなく、その正確性を保証するものではありません。

事業所比較一覧 事業所比較の見方 

※上記内容に変更がある場合もございます。正確な情報は直接事業者様にご確認ください。

横浜市泉区のおすすめ有料老人ホーム・高齢者住宅

横浜市泉区の有料老人ホーム・高齢者住宅

おすすめ有料老人ホーム・高齢者住宅特集
  • 新しい(開設1年以内)有料老人ホーム・高齢者住宅(介護施設)特集
  • サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)(介護施設)特集
  • 入居金0円の有料老人ホーム・高齢者住宅(介護施設)特集
  • 夫婦部屋(2人部屋)のある有料老人ホーム・高齢者住宅(介護施設)特集
  • 24時間看護だから安心!有料老人ホーム・高齢者住宅(介護施設)特集
  • 温泉付きでゆったりほっこり!有料老人ホーム・高齢者住宅(介護施設)特集
おすすめ有料老人ホーム・高齢者住宅特集

看護師紹介実績No.1

介護の転職で登録45万人超

介護DB無料入居相談室はこちら

知識と経験の豊富な相談員が、ご希望に合う入居可能な施設を無料でご紹介します。


24時間ご利用無料
お気軽にお問合せください。

施設選びのご相談・お問い合わせはこちら ご利用無料

介護DB入居相談室(ご利用無料)

知識と経験の豊富な相談員が
ご希望に合う入居可能な施設を無料でご紹介致します

お電話でのご相談・お問い合わせ

0800-300-2813

24時間ご利用無料

メールでのご相談・お問い合わせ
メールで無料相談

介護について学びながら探す

介護について相談する

▲ このページの先頭へ

このページの先頭へ