"介護用品一括比較モール"で、
複数の店舗で介護用品・福祉用具を価格比較し、最安価格で購買する事が出来ます。

入居する施設を選ぶなら 全国30万件以上掲載のかいごDB

介護ベッドの選び方

選び方のポイント ~介護ベッド編~

ポイント1. 使用する方の身体状況

身体の状況に合わせて、ベッドのモーター数を選びましょう。
一言で介護ベッド(電動ベッド)と言っても、実はモーター数によってその機能は異なります。
使用する方の身体状況に合わせて選びましょう。

ポイント2. 設置する部屋の大きさや介護の状況

設置する部屋の大きさや介護の状況に合わせて、サイズを選びましょう。
本来、自立を促すための介護用品が、設置をしたら逆に自立した生活が行えなくなってしまっては大変です。
本人の身体状況と合わせて、部屋の大きさや介護の状況に応じてサイズを選びましょう。

介護ベッドの機能と種類

ベッドの機能は、3種類あります。

1) 背上げ機能

背上げ機能

ベッドの背もたれ部分が動く機能です。
腰や首に痛みがあったり、寝た状態からの起き上がりが不安な方にお勧めの機能です。

2) 脚上げ機能

脚上げ機能

膝下部分が動く機能です。 脚が浮腫みやすい方や血流が良くない方にお勧めの機能です。

3) 高さ調節機能

高さ調節機能

ベッドの床面が上下に動き、ベッド本体の高さを調節する機能です。
腰や膝に痛みがあり、立ち上がりが不安な方にお勧めの機能です。

これらの機能を持つベッドは、大きく分けると4種類です。

1) 1モーターベッド

1モーター:背上げもしくは高さ調整

背中のみが上下する「背上げ1モーターベッド」と高さが上下する「昇降1モーターベッド」があります。

2) 2モーターベッド

2モーター:背上げ、高さ調整

背上げと高さ調整機能の2つの機能がついています。
脚上げ機能もついていますが、脚上げだけで動かすことはできず、背上げと連動して脚部が動きます。

3) 1+1モーターベッド

1+1モーター:背上げ、脚上げ

背上げ機能と脚上げ機能の2つの機能が付いています。
高さ調整機能はついていませんので、立ち上がりは問題ないが、起き上がりが不安な方にお勧めです。

4) 3モーターベッド

3モーター:背上げ、脚上げ、高さ調整

背上げ・脚上げ・高さ調節の全ての機能がついています。
介助が全面的に必要な方や、起き上がりも立ち上がりも不安な方に適しています。

1+1だから2モーターじゃないの?

介護ベッドでの「2モーター」は、1つのモーターで「背上げ」、1つのモーターで「昇降」するベッドのことです。家具店などで販売されている「2モーター」は、1つのモーターで「背上げ」、1つのモーターで「脚上げ」を行うベッドのことです。
よって、誤解されないように、「背上げ」「脚上げ」タイプは、「1+1モーター」と表現しています。

介護ベッドのサイズ

設置する部屋の大きさや介護の状況に合わせて、介護ベッドのサイズを選びましょう

介護ベッド専用のマットレスは、大きく分けると幅は 83㎝ , 91㎝ の2種類、長さは 180cm , 191cm , 205cm の3種類あります

ご利用者の体格や、お部屋の広さなどの使用環境にも配慮して、豊富なサイズバリエーションからお選びいただけます。

介護ベッドの幅サイズ一覧介護ベッドの長さサイズ一覧

ベッドを設置する際は、配置にも気を付けましょう

■麻痺がある場合

身体のどちらかが不自由な場合、どちらから起き上がるのかに合わせてベッドの配置を決めて下さい。
(一般的には、右麻痺の方は左に、左麻痺の方は右に起き上がる方が楽です。)

■ベッドの前後左右は隙間をあけましょう

昇降機能付のベッドの場合、ヘッド・フットボードと壁の隙間を15cm程度空けてから設置をして下さい。
また、ベッドの側面は、隙間を開けすぎると床に落ちてしまう危険性がありますので、隙間の幅に注意して下さい。

■コンセントの取り回しとタコ足配線に注意

コンセントの取り回しを間違うと、ベッドを動かした際に、コードが絡まってしまう危険性があります。取扱説明書をご確認の上、設置をして下さい。
また、たこ足配線にすると埃等がたまり、火災の危険性もあります。
どのコンセントにつないで使用するのか、きちんと決めた上でベッドを設置して下さい。

それでは、介護ベッドを選んでみましょう

下記のうち、当てはまるものをクリックしてください。

こちらにあなたにおすすめのベッドが表示されます。

あなたにはこちらがオススメ!

3モーターベッド

3モーターベッド

立ち上がりの補助を行う高さ調節機能、起き上がりを補助する背上げ機能、足の浮腫みを軽減する脚上げ機能といった全ての機能がついています。
介助が全面的に必要な方や、起き上がりも立ち上がりも不安な方に適してる介護ベッドです。

あなたにはこちらがオススメ!

2モーターベッド

2モーターベッド

起き上がりを補助する背上げ機能と立ち上がりの補助を行う高さ調節機能がついています。
脚の浮腫み等が見られず、立ち上がりと起き上がりに不安を感じる方に適している介護ベッドです。

あなたにはこちらがオススメ!

1モーターベッド

1モーターベッド

起き上がりを補助する背上げ機能がついた「背上げ1モーターベッド」と立ち上がりの補助を行う高さ調節機能がういた「昇降1モーターベッドがあります。
ご自身の状態に応じて、どちらか必要な機能のついた介護ベッドをお選び下さい。

あなたにはこちらがオススメ!

1+1モーターベッド

1+1モーターベッド

起き上がりを補助する背上げ機能と足の浮腫みを軽減する脚上げ機能がついています。
立ち上がりに不安は無いが、起き上がりに不安があり、脚の浮腫み等が見られる方に適している電動ベッドです。

あなたにはこちらがオススメ!

家具調ベッド(介護ベッドの必要性無し)

家具調ベッド(介護ベッドの必要性無し)

立ち上がりや起き上がりに不安がない方は、介護ベッドの必要性はありません。

ご購入前に

介護ベッドは非課税商品です。
非課税対応のベッドを購入される時は、マットレス(1枚まで)サイドレール(2組まで) も非課税で購入する事ができます。
但し、非課税対応のベッドでも同時にキャスターを購入されますと、ベッドだけでなく、マットレス、サイドレール全てが課税扱いとなりますのでご注意下さい。

非課税対応のベッドを購入され、後日にマットレス、サイドレールを購入された場合は課税となりますので、同時に購入されることをお奨めします。
ベッド用グリップ、床ずれ防止マットレス、テーブル等の周辺機器は非課税対象製品ではありませんので、非課税ベッドと同時購入されても課税扱いとなります。

ワンポイント

介護ベッドは介護保険適用商品です。
要介護2以上の方は、ケアマネージャーにご相談いただければ、介護保険を利用してレンタルをすることができる場合もあります。
また、要介護1以下の方でも、医師の診断書等があればレンタル場合できるがありますので、 詳しくは、介護保険を使っての福祉用具のレンタルは保険者(都道府県)が指定した福祉用具貸与事業者、または介護支援専門員(ケアマネジャー)にご相談ください。

介護について学びながら探す

介護について相談する

▲ このページの先頭へ