かいごDB 入居相談室(相談無料)

0800-300-2817

24時間ご利用無料

東証一部上場企業の株式会社エス・エム・エスが運営しています

入居する施設を選ぶなら 全国30万件以上掲載のかいごDB

グリーンライフ蕨 [介護付き有料老人ホーム]

入居相談 0800-300-2817 (通話料無料)
その他問合わせ 048-430-0110(電話番号) / 048-430-0112(FAX)
施設種別 介護付き有料老人ホーム
住所

335-0002 埼玉県蕨市塚越一丁目11番4号 グリーンライフ蕨

交通手段 JR京浜東北線 蕨駅下車400メートル 徒歩5分
運営法人 グリーンライフ東日本株式会社

情報更新日:2014-09-20 / 本サイトは介護サービス情報公表システム等各公共公表情報に基き作成されています 本サイトは介護サービス情報公表システム等各公共公表情報等に基き作成されています

このページを印刷する お気に入り追加

口コミ・評判(グリーンライフ蕨)

口コミは利用者のご家族から匿名で収集したものです。内容の真偽についてかいごDB編集部では保障しておりませんのでご了承ください。

コアラ さんからの評判・口コミ

施設やスタッフさんの雰囲気について

昨年まで祖母が入居していました。 施設は比較的新しく、清潔に保たれている印象です。4階建で、2〜4階と1階に少し部屋があります。 全室個室です。個室にはトイレと洗面台があります。フロアの構図はコの字型だったと記憶しています。 中央にリビング兼食堂、エレベーターがありました。 食事は可も無く不可も無くといったところでしょうか。祖母は物足りず買い食いをしていたようです。 介護士さんはとにかく忙しそうでしたね。人が足りていない印象です。 事務の方の印象は丁寧で良かったです。

入居者さんの雰囲気について

あまり関わりが無かったので詳しいことは分かりませんが、介護度が高くない方も入居しており、 比較的元気な方で認知症もないグループ、認知症でコミュニケーションが難しそうなグループ、 全介助が必要なグループに分けられます。 元気な方々はそれこそ喫茶店で会話を楽しんでいるような感じでした。施設に入居しなくても在宅で生活出来そうな 方もいらっしゃいました。 フロアごとに介護度や認知症の度合いで部屋が別れているのではなく、空いた部屋に入居していくスタイルのようです。 医療行為も、経管栄養を行っている方もいたと思います。

行き方・アクセスについて

JR京浜東北線蕨駅東口より、東口�T番街という通りをまっすぐに進んでいきます。 道なりに3分ほど歩いて行くと左手に末広公園が見えてきます。その右手側に施設があります。 駅からタクシーを乗ると1〜2分でつきます。 線路沿いにあるので大宮方面から乗ってくるときに見つけられると思います。

周辺環境・よく立ち寄った場所について

蕨駅にこれといった商業施設がないので、祖母と買い物に出かける機会は残念ながらあまりありませんでした。 買い物にいったりするときは、車で施設まで面会に行っていました。少し離れるとイオンモールがありましたので、 そこで昼食を食べた記憶があります。 近場でお茶が楽しめる場所は、サンマルクというレストランがあります。そこでお茶を楽しむ事が出来ます。 駅から施設に向かう通りにもファミリーレストランがありますが、階段を上って行かなければ入店出来ないので、祖母を連れて行くことは出来ませんでした。 面会時に外出をしても、行くところが限られてしまっているのはかわいそうだと思いました。 肌着等を購入するときは、施設に向かう途中の個人商店が安かったのでそこで調達をしていました。一度、祖母を連れて買い物に行きました。 春になると、近くの蕨市民公園というところでお花見が出来ます。たくさんの桜が咲いており、祖母も喜んでいました。 広々とした公園だったので、ゆっくり過ごすことが出来ました。

編集部おすすめポイント

・豊富なリハビリテーションで積極的な介護予防

・多彩なイベントで暮らしに彩り

・ご利用者の意向を重視した看取り体制も


概要・運営方針

グリーンライフ蕨は、グリーンライフ株式会社が運営する介護付き有料老人ホームです。施設を家庭の延長と考え、家庭と同じ安心を提供できるようサービスを展開しています。

施設内は清潔感があり明るい雰囲気です。インテリアとしてグリーンも飾られており、共用部分でも居心地よく過ごせます。地域との交流も活発です。地域住民を招いてオレンジカフェを開催したり、体操を行ったりしています。また、介護予防教室開催のためにフロアを解放したり、地域の方も参加できる健康フェアや地域開放セミナーを開催することもあり、これまでに「遺言の書き方講座」や「元気で長生きの為の食生活」などのセミナーが開催されました。このほか、近所のボランティアがフラダンスや紙芝居などを披露してくれることもあり、地域とかかわりながら楽しく暮らせます。

最寄り駅はJR京浜東北線「蕨」駅で、駅からは徒歩5分とアクセスも良好。近隣に自然豊かな蕨市民公園や蕨市南町桜並木遊歩道、美術館、コンビニ、スーパーなどがあり、散歩や買い物にも便利です。


1日の流れ

主な1日の流れは、7:00起床→8:00朝食→9:00自由時間→10:00ティータイム→10:30レクリエーションやリハビリ→12:00昼食→13:00自由時間→14:00入浴→15:00おやつ→16:00面会など→18:00夕食→19:00自由時間→20:00着替え・洗面→21:00就寝、となります。


レクリエーション

絵手紙や落ち葉アート、貼り絵、クリスマスカードづくり、輪投げボーリングなど、豊富なレクリエーションを実施しています。レクリエーションのほかにクラブ活動も行われており、クラブ活動の種類は、カラオケ、書道、手芸、フラワーアレンジメント、テーブルゲーム、映画、ヨガ、俳句、脳トレなど多彩です。近隣の施設のご利用者がレクリエーションに参加することもあります。

レクリエーションの一環として、定期的に映画上映も行われています。ときには映画ではなく漫談家のお笑いライブが上映されることも。


行事・イベント

春にはお花見やピクニック、夏には七夕、ドライブツアー、納涼祭、秋にはぶどう狩り、運動会、紅葉狩り、冬にはクリスマス会や餅つき、初詣、節分など外出イベントも豊富です。母の日や父の日などもイベントとして楽しめるでしょう。またイベントに合わせた豆知識をクイズ形式で出題するなど、介護予防にもなるよう、イベントにも工夫が施されています。

訪問福祉ネイルや移動動物園などユニークなイベントもあります。


入居条件・受け入れ体制

65歳以上の要支援・要介護の方が対象です。認知症の方も受け入れています。


医療関係

訪問診療と緊急時の支援は、提携している金子医院と齋藤クリニックが対応しています。金子医院の診療科目は、内科・放射線科に、齋藤クリニックの診療科目は外科・内科・脳神経外科・整形外科です。さまざまな診療科目に対応しているため、幅広い病気や不調に対応可能です。歯科診療は三谷歯科医院と提携して診療を実施しています。なお、入居前に利用していた医療機関を利用したい場合は、相談が必要。入居中に急変した場合は、医師の指示に従い救急搬送されます。

ターミナルケアや看取りに対応しており、ご利用者本人または代理人の意向を尊重しています。看取りを行うとなった場合には再度意向を確認しますので、途中で考えが変わっても対応可能です。


リハビリ・機能訓練

生活リハビリを中心に、自立支援のためのリハビリプログラムを用意しています。リハビリプログラムは、ご利用者ごとに計画を立てて週2回実施。リハビリを行うのは、理学療法士と柔道整復師の資格を有したスタッフです。生活リハビリの内容は、脳トレ、体操、散歩などのほか、立ち上がりや歩行の訓練も実施しています。地域住民も参加できるパワーリハビリも実施しており、リハビリをしながらの交流も。リハビリのためのマシンも設置しています。


認知症

認知症を理解したスタッフが対応してくれます。認知症の進行を遅らせるためのリハビリやレクリエーションも豊富です。リハビリは音楽療法、園芸療法、回想法など、レクリエーションは懐メロ、ガーデニング、脳トレ、運動などがあります。認知症の方のためのオレンジカフェも定期的に開催。脳トレやアクセサリーづくりなどを楽しめます。


費用・料金

敷金は0円です。月額利用料に含まれるのは家賃と食費で、オムツなどの消耗品や一部のレクリエーション、有料サービスは実費となります。


食事

食事は施設の厨房で作っており、毎日できたてをいただけるでしょう。旬を取り入れ、栄養バランスにも配慮されています。また、お正月や節分、七夕などの行事や誕生日などの記念日には、イベント食も提供。また、実費でご利用者の嗜好に合わせた食事を提供してもらうことも可能です。なお、毎月の献立は、グリーンライフ株式会社の公式サイトで見ることができます。

咀嚼・嚥下能力に合わせて流動食や刻み食、病状に合わせてカロリーなど配慮した食事も提供可能です。また、嚥下や咀嚼能力の低下を予防するため、昼食前には口腔リハビリを行っています。

事前予約が必要ですが、イタリアンのコースなどスペシャルメニューが食べられる日もあります。ご利用者の家族も利用可能となっており、家族で特別な時間を楽しめるでしょう。


入居後の生活

ご利用者同士での散歩など、外出できます。個人的な外出介助や買い物の付き添いや、役所での手続き代行にも対応しており、30分750円で依頼可能です。また外出が難しい方でも買い物が楽しめるよう、訪問販売などの買い物イベントも用意しいます。

ご利用者が季節を感じられるよう、冬至にはお風呂にゆずを入れたり、雪が降った日には外に出られないご利用者にスタッフが雪だるまを差し入れるなど工夫しています。

全てのお部屋が介護用のつくりであるため、原則お部屋の移動はありません。ご利用者希望で部屋を移動することも可能ですが、事前に相談が必要です。また移動前後でお部屋の賃料が異なる場合には、移動後の賃料が適用されるほか、移動前のお部屋の原状復帰費用が必要となります。


設備・部屋

お部屋は全て個室で、面積は18�uです。お部屋には、介護ベッド、トイレ、洗面台、クローゼット、給湯設備などが備え付けられています。施設内は車いすで移動しやすい構造になっており、廊下など随所に手すりが設置されています。共用部分にあるトイレもほぼ車いす対応です。

共用設備として、食堂、浴室、健康管理室、機能訓練スペース、洗濯室、理美容室、テラスなどがあります。浴室は個浴、大浴槽、特殊浴槽の3種類です。また理美容室ではゆったりとした椅子に座り、大きな鏡を見ながら髪を整えてもらえます。

施設の内装は明るく清潔感があります。談話コーナーなどに設置されたテーブルやソファは木のぬくもりを大切にしたデザイン。また室内のところどころにグリーンが配置されています。


頻度について

入浴は一般浴介助、清拭、特浴介助ともに週3回です。それ以上の入浴と清拭は1回540円かかります。お部屋の清掃は週1回、それ以上は1回216円で対応可能です。洗濯は外部業者に委託しており、洗濯代は定額です。ただし、7袋未満の場合は1袋380円で計算されます。なお、ドライクリーニングは実費です。


見学・体験入居

体験入居は、最長で6泊7日まで可能。1泊の料金は、食費込みで10,800円です。


職員体制

人員配置は3:1以上。夜勤の時間帯は20:00〜7:00、対応する介護スタッフ3名です。

スタッフへの研修も定期的に行っており、毎月1回施設内研修を実施しています。また資格取得のサポート制度のほか、新卒向けの研修では会社の理念や接遇マナー、基本的なケア、保険制度の講義などを行っています。


リスクマネジメント

事故や食中毒、感染症の発生予防、災害など緊急時対応のために研修を実施。マニュアルも完備しています。

埼玉県のおすすめ介護付き有料老人ホーム

  • イリーゼ戸田(介護付き有料老人ホーム)の写真
    イリーゼ戸田

    埼玉県 錦町4-7-4

    月額:18.919.9万円

    入居費:0万円

    月額:18.919.9万円

    入居費:0万円

  • ライフコミューン蕨(介護付き有料老人ホーム)の写真
    ライフコミューン蕨

    埼玉県蕨市北町2-6-12

    月額:1944万円

    入居費:0960万円

    月額:1944万円

    入居費:0960万円

  • ミモザ三郷鷹野(介護付き有料老人ホーム)の写真
    ミモザ三郷鷹野

    埼玉県三郷市鷹野1丁目420番地

    月額:8.117.6万円

    入居費:0570万円

    月額:8.117.6万円

    入居費:0570万円

埼玉県の介護付き有料老人ホーム

グリーンライフ蕨の画像準備中

※上記内容に変更がある場合もございます。正確な情報は直接事業者様にご確認ください。

埼玉県のおすすめ介護付き有料老人ホーム

  • イリーゼ戸田(介護付き有料老人ホーム)の写真
    イリーゼ戸田

    埼玉県 錦町4-7-4

    月額:18.919.9万円

    入居費:0万円

    月額:18.919.9万円

    入居費:0万円

  • ライフコミューン蕨(介護付き有料老人ホーム)の写真
    ライフコミューン蕨

    埼玉県蕨市北町2-6-12

    月額:1944万円

    入居費:0960万円

    月額:1944万円

    入居費:0960万円

  • ミモザ三郷鷹野(介護付き有料老人ホーム)の写真
    ミモザ三郷鷹野

    埼玉県三郷市鷹野1丁目420番地

    月額:8.117.6万円

    入居費:0570万円

    月額:8.117.6万円

    入居費:0570万円

埼玉県の介護付き有料老人ホーム

施設選びのご相談・お問い合わせはこちら

知識と経験の豊富な相談員が
ご希望に合う入居可能な施設を無料でご紹介致します

お電話でのご相談・お問い合わせ

0800-300-2817

24時間ご利用無料

メールでのご相談・お問い合わせ
メールで無料相談

介護について学びながら探す

介護について相談する

▲ このページの先頭へ