かいごDB 入居相談室(相談無料)

0800-300-2817

24時間ご利用無料

東証一部上場企業の株式会社エス・エム・エスが運営しています

入居する施設を選ぶなら 全国30万件以上掲載のかいごDB

介護老人保健施設花平ケアセンター [介護老人保健施設]

お問合わせ連絡先 053-542-4187(電話番号) / 053-542-4087(FAX)
施設種別 介護老人保健施設
住所

431-2211 静岡県浜松市北区引佐町花平708

交通手段 遠州鉄道バス渋川線とつか入口バス停下車徒歩3分
運営法人 医療法人社団藤花会

情報更新日:2015-11-30 / 本サイトは介護サービス情報公表システム等各公共公表情報に基き作成されています 本サイトは介護サービス情報公表システム等各公共公表情報等に基き作成されています

このページを印刷する お気に入り追加

口コミ・評判(介護老人保健施設 花平ケアセンター)

口コミは利用者のご家族から匿名で収集したものです。内容の真偽についてかいごDB編集部では保障しておりませんのでご了承ください。

花南 さんからの評判・口コミ

施設やスタッフさんの雰囲気について

施設の内装は清潔で明るい雰囲気です。入居者さんやデイサービスで来られている方の作品が展示されていたり、季節ごとの催し毎(七夕・クリスマス・ひな祭りなど)に飾り付けが変更されていたりしてスタッフの方々の心配りが感じられます。入居される方の症状によりますが、一人で行動できる方の場合は4人部屋での生活となります。持参できるものは備え付けの箪笥や棚に入るだけのものになるので、夏服/冬服の入替時期などは箪笥の中身を変える必要があるかと思います。常駐している医師・看護師・スタッフの方々皆さんが、入居者さんの事を第一に考えていらっしゃる事が感じられ、寝たきりにさせてしまう施設もある中で、手間がかかっても出来るだけ体を動かす様に促していました。ケアマネさんとは月に一度の面談があり、経過報告と今後の指針についてお話下さいます。

入居者さんの雰囲気について

昼間は広間にて、1テーブル5?6人のグループ毎の自分の席にて過ごします。振分は症状の度合いによる様に見受けられました。各自リハビリを兼ねて、ドリルや塗り絵・工作等をしたり、歌を歌ったりレクリエーションを楽しまれている様でした。明るい表情の方が多かったです。祖母はこの施設で亡くなりましたが、終末医療について本人の希望を尊重した治療をして頂けました。また、亡くなった後に他の入居者さんが顔を見に来て下さり、日々どのように過ごしたか教えて下さいました。スタッフの方々も来ていただいて、温かい言葉をかけて祖母を見送って下さいました。

行き方・アクセスについて

車にて、浜松市街から国道257号線沿いに進みます。ショッピングセンター「ベル21」を過ぎた後、県道362号線に突き当たったら左折します。静岡県立浜松湖北高校を西へ進み「金指西」の信号を右方向へ進む。国道257号を北に3km程直進すると右手に「花平ケアセンター」の看板が見えてきます。

周辺環境・よく立ち寄った場所について

浜松湖北高校近くにあるスーパー「バロー」によく立ち寄りました。祖母への差し入れ(飴やちょっとしたおやつ等)を購入するためです。買った物は職員さんを経由して出してもらいます。ご本人同士でのお菓子交換は、過去にトラブルがあった様で禁止になったそうです。また国道257号沿い、富士通ゼネラルの向かいにある「町田眼科医院」へは、両親が付き添って祖母を診察に連れて行っていました。糖尿病による視力低下が起こっていたので、定期的な健診が必要だったためです。施設内にいる医師や看護師から専門医の診察を受けた方がいいと指摘を受けた場合や、持病があり定期的に通院する必要がある方は、家族が付き添う必要があります(個々のプランにもよるかもしれません)。「金指西」の信号より北に行くと施設までの間にお店が何もないので、買い物をする場合は上記のスーパー「バロー」かドラッグストアの「杏林堂」が最寄りとなります。

静岡県のおすすめ有料老人ホーム・高齢者住宅

静岡県の有料老人ホーム・高齢者住宅

介護老人保健施設花平ケアセンターの画像準備中

※上記内容に変更がある場合もございます。正確な情報は直接事業者様にご確認ください。

静岡県のおすすめ有料老人ホーム・高齢者住宅

静岡県の有料老人ホーム・高齢者住宅

施設選びのご相談・お問い合わせはこちら

知識と経験の豊富な相談員が
ご希望に合う入居可能な施設を無料でご紹介致します

お電話でのご相談・お問い合わせ

0800-300-2817

24時間ご利用無料

メールでのご相談・お問い合わせ
メールで無料相談

介護について学びながら探す

介護について相談する

▲ このページの先頭へ